みきゃん
ホーム | 商品検索 | 「濃藍の染付」シリーズ

「濃藍の染付」シリーズ

「濃藍の染付」シリーズ

食器類 / 砥部焼

形状
焼物・雑器、土産、贈答、内祝、自宅用サイズ/布目角皿(草文)21.5cm×16cmほか
用途
土産、贈答、内祝、自宅用
特徴
濃く渋い味の呉須を使用し、シンプルな文様と構図で染付
カラーバリエーション
なし
材料
砥部磁土
包装形態
1個
供給能力
500個~/月
受賞歴・認定等
 
希望小売価格
布目角皿(草文)2,100円、だ円皿(四弁花・三ツ葉)1,500円
最小ロット数
1個
納期
1~2カ月

「濃藍の染付」シリーズ

雲石窯

シンプルな文様と大胆な構図砥部焼らしさを失わない器

大正5年(1916)に開窯した雲石窯は、勢いを感じる粋で大胆な構図で人気。4年ほど前から制作を始めた「濃藍の染付」シリーズの最大の特長である濃く渋い味の呉須(顔料)は、独自に調合されたもの。制作当初は滲みすぎたり、黒が強く出すぎたりと絶妙の濃さをつくり出すのに苦労もあったそう。今では黒すぎず、薄すぎない絶妙の濃藍とやさしい色合いの白磁部分のコントラストを楽しめる窯を代表するシリーズとなっている。

担当者 : 山田 雅之

電話 : 089-962-2111 / FAX : 089-962-6166

シンプルな文様と大胆な構図砥部焼らしさを失わない器

大正5年(1916)に開窯した雲石窯は、勢いを感じる粋で大胆な構図で人気。4年ほど前から制作を始めた「濃藍の染付」シリーズの最大の特長である濃く渋い味の呉須(顔料)は、独自に調合されたもの。制作当初は滲みすぎたり、黒が強く出すぎたりと絶妙の濃さをつくり出すのに苦労もあったそう。今では黒すぎず、薄すぎない絶妙の濃藍とやさしい色合いの白磁部分のコントラストを楽しめる窯を代表するシリーズとなっている。

他にもおすすめの商品