みきゃん
ホーム | 商品検索 | 陶胎漆器「玉手筐 — 夢を入れる器」

陶胎漆器「玉手筐 — 夢を入れる器」

陶胎漆器「玉手筐 — 夢を入れる器」
  • 陶胎漆器「玉手筐 — 夢を入れる器」

食器類 / 陶胎漆器

形状
箱状、陶胎漆器
用途
贈答、自宅用
特徴
陶器に漆を重ね塗った器
カラーバリエーション
オリジナル
材料
陶器、漆、銀箔
包装形態
個包装対応可
供給能力
1個/月
受賞歴・認定等
平成25年度21世紀えひめの伝統工芸大賞南海放送社長賞 です。
希望小売価格
要問合せ
最小ロット数
 
納期
1年

陶胎漆器「玉手筐 — 夢を入れる器」

和窯

重ね塗った漆が醸す不思議な表情 二つとない器の使い方は人それぞれ

「陶胎漆器」とは、陶磁器の上に漆を重ね塗った陶器のこと。一見モダンな感覚の器だが、縄文時代の遺跡から出土した土器にはすでにこの技法が使われていた。これを再現した「玉手筐(たまてばこ)—夢を入れる器」。粘土で箱状の器を創り、本焼きした後、数回漆を重ね塗り、銀箔を貼りつけていく。温かみのある手触りと時が経つにつれ変わっていく不思議な色合い。大あり、小あり、形も大きさもいろいろ。「二つと同じものはない」から、何を入れるかは持ち主次第。飾っておくだけでも十分な存在感だ。

担当者 : 平井 秀和

電話 : 090-1578-6606

重ね塗った漆が醸す不思議な表情 二つとない器の使い方は人それぞれ

「陶胎漆器」とは、陶磁器の上に漆を重ね塗った陶器のこと。一見モダンな感覚の器だが、縄文時代の遺跡から出土した土器にはすでにこの技法が使われていた。これを再現した「玉手筐(たまてばこ)—夢を入れる器」。粘土で箱状の器を創り、本焼きした後、数回漆を重ね塗り、銀箔を貼りつけていく。温かみのある手触りと時が経つにつれ変わっていく不思議な色合い。大あり、小あり、形も大きさもいろいろ。「二つと同じものはない」から、何を入れるかは持ち主次第。飾っておくだけでも十分な存在感だ。

他にもおすすめの商品